大雅営業部のいちご名人への道

株式会社大雅(オーガ)の営業部の公式ブログです。いちご栽培の情報を中心に色々なジャンルの情報を書いていきたいと思います。

定植へのラストスパート

もう既に定植を完了した方もみえますが、大半の方がそろそろ定植にかかるのではないでしょうか? 定植前の最終準備 いつもご紹介する、オススメ資材ですね。 イロハコート2500倍+ラクトプラス800倍+サンパワーカリ500倍+アシスト500倍 これでダニ、うどん…

月と生物の関係

生物は月の満ち欠けに多少なりとも影響を受けているということはよく言われていますよね。 農業においても月の影響を考える必要があります。 ヨトウムシは満月に産卵する ヨトウムシの場合 満月の3日前・・・交尾 満月・・・産卵 満月の3日後・・・孵化 この…

ネオニコチノイド系農薬でミツバチがいなくなる!?

今日専務のブログに書かれてて気になったのでこっちのブログでも書いてみようかと・・・。 なんとネオニコチノイド系農薬がミツバチに影響する可能性があるらしい。 専務のブログはこちら 15meijin.cocolog-nifty.com ネオニコチノイド系農薬はミツバチに影…

高温多湿の日々が続き、炭疽病の発病が目に付くようになりました。 要注意の葉タンソ病については以下の記事を参考にして下さい。 oga-sales.hatenablog.com 葉タンソをみつけたら必ず除去 葉タンソって発病してから症状が現れるまでに時間がかかるんですよ…

台風5号通過後の管理

長寿台風と呼ばれるだけあって、スピードが遅く雨量が多くなりました。 雨台風の後は疫病対策 雨にたたかれた場合は疫病の対策を行うことが大切です。 疫病は水を媒介して広がりますしね。 ということで ランマン800倍で防除。 台風の時にビニールを外すかど…

挿し苗育苗

蒸し暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか? 先日弊社の農園と今年から育苗を始められた観光農園さんの両方が挿し苗育苗を開始しました。 挿し苗初日 大きな株は葉を落とし、ランナーの切り口を挿していきました。 曇り空ということもあり、夕方…

会社で行われた勉強会

最近社内で毎月勉強会が行われます。 事務員さんも含めて農業についての知識を増やす目的。 そんな勉強会ですが、今回は僕が担当しました。 大学時代の教科書を探し出し、若き日の思い出にふける 今回僕が選んだテーマは「有機農業における微生物の役割」 大…

育苗の重要期へ向けての準備

7月の下旬には親株の切り離し、挿し苗など病気になり易い工程が始まります。それに向けて準備を行います。 挿し苗は7月の上旬から痩せさせる 挿し苗は一気に根を出させる必要があるため、ややストレスがかかった状態で挿します。 そのため体内の肥料濃度を下…

雨が少なく親株がストレス

東海地方はとっくに梅雨入りしているはずなんですが、まったく降りませんね。 苗も人間も暑さでフラフラです。 水不足によるストレス 雨が少なく例年よりも親株の弱りが目立ちます。 軸が赤くなったり葉にツヤがなくなったりしていませんか? 蒸散量が多くな…

いちご楽園雅の片づけ

今シーズンも無事に終了し片付け中です。 今シーズンは昨年よりもたくさんの方に来園していただきました。 ありがとうございます。 片づけ後に葉物を栽培しています ベビーリーフと二十日大根を栽培しています。 高設ベンチだとこの様なこともできることがメ…

堆肥散布事業が今年もスタートしました

毎年恒例の堆肥散布が今年もスタートしました。 土つくりは大事だけど、堆肥を撒く元気が無い 若い農家さんならご自身で堆肥散布できるでしょうが、年とった農家さんや他の作業で忙しい農家さんはなかなか堆肥散布をやれません。 その様な農家さんを少しでも…

カキノヒメヨコバイの被害が発生し始めました

昨年カキノヒメヨコバイの被害が多かったことを覚えていますか? 今年も被害が出始めました。ご注意ください。 カキノヒメヨコバイとは もともとは柿の害虫でしたが、最近では柿の防除によりイチゴ飛来し被害が出るようになったのでしょうか? 葉脈に小さな…

初めての親株管理

現在育苗の支援をさせて頂いている方と親株管理の作業を行いました。 収穫株を親株に 普通は収穫株をそのまま親株にすることはないですが、今回は育苗施設も無いですし仕方ありません。 収穫株を親株として使いナイアガラ育苗を行います。 今日は収穫株を親…

苗つくりサポート

岐阜のいちご狩り農園が今年から苗つくりを始めます。 初めての苗つくりですから、うまくいく様にサポートすることになりました。 苗8作と言われる程ですから、責任重大です。 苗つくりは不安でいっぱいだけど余計な心配は必要ない イチゴの苗つくりおいて心…

来作の注文取り

今作もいよいよラストスパートですね。 既に今作も終了した方もみえます。(海津は終了した農家さんが多いです) 来作の土つくり 注文取りに回っていると「もう注文取り!?」って声をよく聞きます。 1年って早いですよね。 そうなんです。もう来作の準備が…

病気にかかる、かからないの差

今日は静岡、愛知に行ってきました。 今日行った静岡県中部は日本一日照時間が長いそうですよ。 日照の違いで作物の生育や品種の選定などかなり違う部分があります。 現在うどんこや灰カビに悩んでいる人もいれば、全く心配ない方もみえる。その差は? どこ…

灰カビが目立ってきました

先週末の雨によって灰カビが発生しました。 今週末から来週にかけても要注意 今週末から来週にかけては湿度が高くさらに夜温も高い予報です。 この様な天候は灰カビの発生にはもってこいです。 雨が降っていても少しは換気をしましょう。 灰カビの対応策 少…

チリカブリダニの見極め

ダニの天敵資材としてチリカブリダニを導入されている方が多いと思います。 ただ入れたら安心して良いわけではなく、導入後に効いているのか、効いていないのかを判断する必要があります。 チリカブリダニの見極め 1、新葉にダニの被害が無く、ダニの発生箇…

BLOF理論勉強会

花ごころさんに誘われBLOF理論の勉強会に参加してきました。 BLOF理論って? この図で説明されているように、アミノ酸主体の堆肥や肥料に、必要に応じて微量要素を入れて太陽熱処理で土壌物理性と菌層を整えて、健全で美味しい作物を作りましょうっていう技…

蜜蜂が不足

先月末から蜜蜂が不足して出荷制限がかかっています。 蜜蜂が不足する原因 近年ミツバチ不足のニュースがよく報じられます。 考えられる理由として、、、 蜜蜂に寄生するダニ、北海道や東北の長雨、農薬の被害、養蜂業者の減少などでしょうか。 イチゴのハウ…

アザミウマに注意

3月になりハウス内は春めいてきました。 これからはアザミウマを意識しないといけませんね。 アザミウマ 1〜2mm程の小さな虫です。風に乗って飛来してきます。 アザミウマが花粉を食べるとオレンジ色の硬いイチゴができてしまい商品になりません。 被害が現…

イチゴを食べるネズミ駆除の秘密兵器

イチゴ農家を悩ませる害獣としてネズミがあげられます。 今回は果実を食べるネズミの対処法をご紹介します。 ネズミ駆除の秘密兵器 チュートルマン 気味悪いほど捕れるネズミ捕り器チュートルマンの通信販売:テクノ株式会社 公式サイトにも「気持ち悪いほど…

イチゴが作ってくれた縁

愛知県から新規就農したいという方が訪ねてきてくれました。 スーパーで買ったイチゴが美味しかった その方はもともとイチゴ農家になりたくて勉強中なのですが、たまたまスーパーで大雅ファームのイチゴに出会って甘くて感激されたそうです!! それで訪ねて…

一口では食べれない大きなイチゴ

1月下から2月上旬まではイチゴが最大になる時期です。 中には100gを超えるイチゴもなります。 何年もイチゴを見ていますが毎年この様なビッグサイズを見るたびにビックリします。 普段イチゴを見ていない人にっとっては尚更だと思います。 こんな大きなイチ…

三河のイチゴ

今日は三河へ行って来ました。 三河は太平洋の側ということもあり、岐阜や北陸とは一味違った生育をみせてくれます。 株は強めで花数多め 岐阜では摘果を口うるさく薦めていますが、三河地区では業務用イチゴも出荷するため、ほぼ摘果無しで管理します。(今…

久しぶりの山陰地方

数ヶ月ぶりに山陰地方へやって来ました。 大雪を覚悟して来たのですが、ほとんどありません。岐阜の方が降ったのかも。。。 とりあえず無事に着けて一安心です。 山陰地方は例年より良い状態 今年は例年よりも日照時間が長く、株疲れや奇形が少ない様です。 …

キンカク病対策には換気が一番

美濃娘は2番花が出始め、まだまだ忙しい状況の農家さんがいます。 忙しいからといって管理を後回しにしていると、色々と病気が発生したり、病気の発見に遅れたりするんですよね。 換気を怠るとキンカク病が発生しやすい 株元が腐り綿上の菌が発生します。 定…

ナメクジ被害

本日仕事始めでした。 朝礼では社員みんなで新年の抱負を発表し2017年の仕事スタートです。 圃場をまわるとナメクジの被害が多いなと感じました。 ナメクジの被害 ナメクジはイチゴの果実を食べます。 当然ナメクジの被害にあったイチゴは集荷できません。 …

HAPPY NEW YEAR 2017

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 2017年の目標 1.新しい縁をつくる いちご農家さんはもちろんのこと、今年はイチゴ以外にも積極的に顔を出したいなと。 20代前半の頃は怖いもの知らずで知らない農家さんの所へ顔を出してい…

アブラムシが目立ってきました

年末年始ということで、農家さんもあわただしくなってきました。 やっぱりイチゴは年末年始が稼ぎ時ですからね。 忙しいから、価格が高い時だからという理由で管理が後回しになっている農家さんもみえます。 わからなくもないですけど・・・。 アブラムシが…

やまがたいちご楽園雅オープン情報

大雅の自社農園「やまがたいちご楽園雅」が今週末からオープンです!! やまがたいちご楽園雅の情報 https://www.ichigo-rakuen.jp/ 今日味見をしてみました。 いちご楽園に顔を出すたびに味見をしていますが、先週よりも確実においしくなっていました。 先…

岐阜県の新品種「華かがり」

岐阜県のいちごの新品種「華かがり」が今年から一部の農家さんで本格的な生産が始まりました。 濃姫・美濃娘に次ぐ3番目の品種となります。(現状) 華かがりとは・・・ 簡単な特徴は 大玉、形がキレイ、収量の変動が少ない(休みが少ない)、水分が多くジュ…

農家さんの視察

先日農家さんの視察を行いました。 農家さんは他の農家さんのことが気になるもんです。 肥料は同じでも管理による違いはでます。 摘果をする農家さんと摘果をしない農家さん やはり百聞は一見にしかず お互いの状況を確認し合い、良い時間だったと思います。…

もぐら捕獲~百発百中は本当だった~

先日記事にしたもぐら捕獲機ですが、その捕獲機を紹介して頂いた農家さんから 「数日前に仕掛けたから見においでよ」とお誘いを頂き実際に捕獲できたのか確認に行ってきました。 百発百中で捕れると噂の捕獲機はこちら oga-sales.hatenablog.com モグラの捕…

ミツバチの設置場所

ミツバチの設置場所に悩むことはありませんか? ハウス内が良いのか外が良いのか・・・。 圃場の環境や養蜂業者さんにより違うとは思いますが、今日は年中外に設置している農家さんがみえたのでご紹介します。 ミツバチをハウスの外に設置して大丈夫なのか?…

モグラを高確率で捕る方法

農家の天敵モグラですが、どの様に対応していますか? 穴に灯油をいれたり、ペットボトルで作った風車を設置したりと色々工夫しながら日々戦っていますよね。 それらの対策も一時的なもので結局のところ解決策にはなりえません。 しかし今回ご紹介する道具を…

「うららか・のうえん実里」へ納品と生育チェックに行ってきました

先日「うららか・のうえん実里」さんへ親株の培養土の納品を兼ねて生育チェックに行ってきました。 1月中旬のいちご狩りオープンに向けて確認してきました。 章姫、紅ほっぺはは出蕾始めでしたが、かおりのはさすがに早い。オープン前に収穫できそうです。 ※…

いちごの親株

本日いちごの親株の配達を行いました。 農家さんの大切な親株です。大事に納品させて頂きました。 どうですか?かなり良い葉色をした親株ではないですか?? 親株の生産からお届けするまでの流れ 参照:三好アグリテック株式会社 通常正規の親株というものは…

出蕾が盛んになり盛り上がってきました

今シーズンの出蕾(しゅつらい)が本格的に始まり、農家さんも私たちも自然と笑顔が増えてきました。 花が見えると一安心ですね!! 出蕾期の注意点 ①ミツバチを入れる前のダニ対策 仮に葉ダニがいれば一度ミツバチを入れてしまうと完治は難しくなります。 ※…

土中の大切さー農家さんのこだわりー

農家さんの中にはこだわりが強い方が多いような気がします。(特にベテラン) そんな農家さんのこだわりをご紹介します。 土壌かん注で土中をほぐす!! 土壌かん注を行っている農家さんはあまりいないと思います。 やらない理由のほとんどが「えらい」 ※「…

やっと畝が建ちました

今年は定植期から雨が続き、台風の影響もあり岐阜県の南部では畝が作れない状況が続いていました。 そんな中ここ数日晴れたことで、やっと畝立てができるまで乾きました。 まだこれから立てる方もみえますが、これでひとまず安心です。 写真の近辺はハウスの…

三重県のお菓子「苺一笑(いちごいちえ)」

昨日と今日で奈良、大阪、三重に行ってきました。 台風の影響も無く、いちごも順調に育っていました。 大阪のお客さんが近所のいちご農家さんが困っていることがあるから見てほしいということで、一緒に見に行きました。 タンソ病が発生していたので、対処法…

葉タンソで植え替え

今日もスッキリしない天気で、蒸し暑い日でした。 天候が悪い日が続き、圃場でも病気がみうけられます。 今日はある圃場で葉タンソを発見しました。 葉タンソ病とは?? いわゆるタンソ病とは違い発病してから病状が出るまで時間がかかります。 いつか枯れる…

葉ダニの生き残り

今日は久しぶりの晴れでした。 人間も待ちわびたように虫たちも束の間の晴れを満喫していた様で、ヨトウ虫やチョウチョなどがたくさん見られました( ゚Д゚) そんな中葉ダニの発生した圃場も発見。早めに対処しないといけません。 葉ダニの病斑 ダニが葉裏から…

雨降って地固まらず

最近の雨続きはなんとかならないものでしょうか? 夏の晴天続きが嘘の様に雨・雨・雨・・・・おまけに台風の連発によりハウスのビニール被覆ができずに畝が崩れてしまう圃場が続出です。 畝が崩れた際の対処法 みなさん畝が崩れた際どう対処していますか? …

はじめに

大雅営業部の坂田です。 10月1日から新しい期が始まり、「新規一転頑張ります!僕ブログ始めます!!」と高らかに宣言したからには楽しみながら好き勝手記事を書いていこうと思います。 自他共に認める三日坊主ですが、まずは一年続ますので今後とも暖かい目…