大雅営業部のいちご名人への道

株式会社大雅(オーガ)の営業部の公式ブログです。いちご栽培の情報を中心に色々なジャンルの情報を書いていきたいと思います。

勉強会

経験の無い長雨で、被災地の方々はもとより農家さんも大変だと思います。そんな中、弊社の協力莓農家さんを交え勉強会を開催しました。天候不良の続く中、育苗に関しての管理を化学式を含め植物の基本原理の説明を受けました。 光合成の大切さ又豊作、えいさ…

豪雨

豪雨被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。まだまだ雨が降り続いてますが、十分に気をつけて命を守る行動をしていただきたいと思います。岐阜も大雨、私の住んでる市も2年前に水害にあっています。またその時の記憶が甦ります。さてイチゴは育苗真っ最…

梅雨の合間

梅雨時期は蒸し暑く病気が出やすい時期です。 ただ防除ができなくてヤキモキしますよね。 今日は久々の梅雨の合間の晴れた日でした。 皆さん「待ってました」と言わんばかりに、 『防除何やったら良い?』と問い合わせが入ります。 農業は天気との戦いだなと…

感謝

感謝です。 静岡に来ています。県内にも肥料屋があるなか弊社を選んでいただき感謝しかありません。 イチゴも終わり来作に向けての土作り資材を納品させていただきました。半年お世話になってイチゴハウス、終わったばかりですが、早くも来作の準備です。土…

いちご楽園雅

コロナの影響で弊社の農園も予定より早めの閉園を決断しました。せっかく実った莓を出来るだけ無駄なく活用するためスタッフの努力も実りお陰様で普段からお世話になっている人達を始め多くの方々に多品種で不揃いな形では有りましたが莓の美味しさを楽しん…

さくらんぼ

山梨県のSさん。イチゴの他にさくらんぼやすもも‥栽培されています。今週からさくらんぼの収穫が始まりました。佐藤錦、高砂普段は、なかなか高くて買えませんが(笑)畑で少し食べさせていただきました。 イチゴの苗作りは、順調。来作に向けて順調です。今作…

新商品『えいさーG』

昨年から試験的に使用していましたが、満を辞して商品化することが決定しました。 『えいさーG』 ・液体なのに堆肥として利用できる。 ・シーズン中でも灌水することで追い堆肥ができる。 ・酢酸配合なので光合成の代用が可能 液肥としても堆肥としてもスペ…

防除

大半の苺農家さんも収穫を終了し育苗作業が始まりました。天候次第で影響を受けやすく数々の病気にも神経を使われると思います。タンソ、イオウ、うどんこ病、ダニ等々最近はカキノヒメヨコバイやペスタロタア等と言う病気も流行ってます。苗8作と言ってます…

出雲のブドウ

ゴールデンウィークあけから、出雲のデラウェアの収穫が始まりました。 今のところ、雨も少なく味、品質ともに上々です。一度ご賞味ください。

育苗

育苗も本格的にスタートしてきました。 まだまだ収穫に追われ育苗に力が注がれていない方もみえますが、イチゴは苗8作とも言われる様に育苗は来シーズンを左右する重要なファクターです。 毎年収量を取る農家さんの苗です。 芽かき等しっかり手を入れていま…

育苗ハウス

コロナの影響で相変わらず営業自粛を規制されている中、無駄な時を過ごすことなく今だから出来る事を考え「苺栽培は苗8分!」を基本に本格的に社長を先頭に自分達の手で育苗ハウスの建設を手掛ける事になりました。現在、整地及び防草シートの布設迄進んだ所で…

5月になって

今日から5月、令和になって1年たちました。世界中でコロナが流行して大変な状況です。色んなところで影響が出ていますが、諸外国と違い、ロックタウンしなくても、要請で皆が自粛されている、改めて日本の素晴らしさを実感しています。緊急事態宣言は5月…

コロナの影響

コロナウイルスの影響で、全国的に自粛活動を促されていますが、弊社でも日々の業務を制限して一週間経ちました。 基本的には農家さんと顔を合わせず、デスクワーク中心生活をおくっています。 こんなにデスクワークに時間を費やせる機会は滅多に無いため、…

ミヤマグリーン

弊社では作物は健全な土作りからを基本に大雅の商品の1つミヤマグリーンという堆肥を製造しています。苺農家さんを始め水田、畑、果樹園等々現地に運搬及び散布も含めて御世話させて頂いてます。興味のある方は会社迄、連絡下さい。

出雲のイチゴ

今日も島根県出雲市に来ています。 まだコロナ感染者が出ていません。 さすが神の国です。 イチゴ農家さん、色々工夫して売っておられます。 まずは見た目、大事だと思います。どうしたら売れるか日々考えてみえます。

華かがり

濃姫、美濃娘に続く品種『華かがり』 次の主力品種になるために今はまだ生産量を制限されています。 ここ数年間で栽培方法も確立してきました。 一番の特徴としては、果形がきれい、色が良いなどと見た目です。 味はサッパリとしていて、好みが分かれるのか…

桜開花

桜の開花も始まり、いよいよシーズン終盤に入ってきました。 今年は例年より、暖かく関東では5分咲きみたいですね。 イチゴ栽培においても、気候に合わせて管理を変えていかないといけません。 春の管理のポイントは冷やすこと。 サイドの解放、灌水時間、寒…

4月1日より農薬取締法改正

4月1日から農薬取締法1部改正があります。詳しくは農水省のホームページ等で確認していただければと思いますが、欧米に遅れをとっていた、農薬登録後の再評価が導入されます。 https://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/2056746.pdf今迄登録のあった…

免疫力

世界中にコロナウイルスが流行し、改めて免疫力を高めることの大切さを考えさせられます。 どこにいても感染リスクはあるわけですから、私は予防よりも免疫力強化に考え方を変えました。 毎日R-1を摂りコロナに負けない様に気をつけてます。 お願いだからR-1…

遊び心

営業部 Kです。 以前、深作農園での悲しい苺の食べた方が話題となり記事として掲載されていましたが、ちょっとした裏技を試してみては?わかりにくいかも知れませんがストローを苺の先端からヘタ向かって突き上げるとご覧の通りヘタが奇麗に取れました。一度…

高い畝

島根県出雲市に来ています。土耕ですが、高設に近い高さの畝です。写真では、少しわかりにくいですが、楽に作業ができます。何年か前に出雲のお客様の畝作りが現代農業でも紹介されました。 大玉いちご作りには高く広くの畝作りです。

アザミウマ増殖中

春の害虫の代表といえば「アザミウマ」 今年は暖冬だったため早く発生しています。 すでに花にウジャウジャいる圃場もあります。 アザミウマの防除のコツは、花が多い時を狙うこと。 ただし、ウジャウジャいるのに花が少ないからという理由で防除をやらない…

勉強会

営業部 Kです。 日頃から御世話になっている協力農家さんを交えて雅農園にて植物栽培の基本から化学式を含めた生産向上の原理及び農薬の取り扱い、蜂の成育状況等々についての勉強会を開催しました。今期から始められたら方や十数年の経験者の参加の中、土耕…

アスパラ農家さん

営業部 武藤です。 H市のKさん、アスパラを作られています。来作の準備真っ最中です。ミヤマグリーン(木炭コンポ)を使っての土作りスタートです。次作も美味しいアスパラが収穫できますように!

いちご狩り園の悩み

茨城県のいちご狩り園「深作農園」さんのツイートが話題になっています。 テレビでも紹介され、4.4万以上リツイートされています。 そのツイートがこちら https://twitter.com/le_fukasaku/status/1219461929124560896?s=21 『これは贅沢食いではありません…

アザミウマ

営業部 Kです。 明日は大寒と言うのに雪が降りません。暖かい気温のせいもあるのかアザミウマが早い時期から目につきます。 農家さん達は、eレッド、Ledライト、天敵、忌避剤等色々工夫しているみたいです。確実な効果が期待薄だったりコストの面を考えると一抹…

山陰

営業部 武藤です。 今年初めての出雲です。山陰も例年になく暖かいです。道中も雪もありませんでした。出雲でいちご作られてるD工業様、今日もラクト、サンパワーカリ、彩葉コートを納品させていただきました。定植からの定期防除、ダニ、うどんこ、アブラム…

仕事始め

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 良い年になるように心機一転頑張ります。 この冬は暖冬で未だに雪が降りません。 過ごしやすくて良いのですが、異常気象の片鱗を感じてしまいます。 農業にとっては深刻な問題です。 1月中旬…

ご挨拶

営業部 Kです。 月日がたつのは早いもので平成から元号も変わり令和最初のお正月を迎えます。 今年もお客様を始め多くの関係者の方々には御世話になりました。 弊社共々いちご楽園 雅 のスタッフ一同も新年早々来園をお待ちしております。来年も宜しく御願い…

マルハナバチ

営業部 武藤です。 蜜蜂(ミツバチ)が飛ばない、出ない、そんなお悩みはありませんか?特に加温機もなく!曇天が多い地域では、マルハナ蜂がおすすめです。曇天、温度が低い時でも元気に飛んでくれます。お悩みの方はスタッフ迄ご相談いただければ幸いです。